1.PNG                                                                                                          2.PNG                                                                                                          

2017年01月13日

高校受験が中3から勉強しても間に合う

高校受験の勉強は、中学3年から始めれば十分間に合います。

実際にほとんどの受験生は、中学3年から本格的に勉強を始めます。

ただしここでの勉強の差が、合否を分けると言っても良いでしょう。



基本的に合格する人は、忍耐強く勉強を継続しています。

解けない問題があっても、粘り強く勉強をしています。

逆にすぐに諦める人は、高校受験に失敗してしまいます。



高校受験の勉強は、誰でも挫折を繰り返すものです。

諦めないで最後までやり遂げることで、合格を勝ち取れます。

中学3年から始めたからダメなのではなく、諦めるから失敗するのです。
posted by 山和 at 13:48| Comment(0) | 受験 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校受験は数英の2教科を重点的に勉強すべき

高校受験の勉強で一番時間がかかるのは、英数の2教科になります。

この2教科は中学3年時にある程度できていないと、後々大変になってしまいます。

なぜなら数学と英語は、全ての単元が密接に関わっているからです。



社会の歴史や理科などは、単元ごとに勉強すれば高校受験対策ができます。

しかし数学や英語は、単元という概念がなく基礎ができていないと中学3年の内容が理解できません。



数学は単元ごとと思うでしょうが、実際には計算や文章問題などは中1の内容から密接に関係があります。

また英語も、基礎ができていなければ中3の問題を解くのも難しです。

この2教科を攻略することが、高校受験合格の鍵となるのです。



英語と数学をしっかりと勉強することが、高校受験合格のためには重要です。

もしこの2教科が苦手ならば、しっかりと克服しましょう。
posted by 山和 at 13:48| Comment(0) | 受験 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校受験は中学3年からの勉強が大事

高校受験で合否を決めるのは、中学3年からの勉強と言っても過言ではありません。

一般的には6月からと言われていますが、4月からしっかりと勉強しておくと後々有利になります。

特に3年生の授業内容は、高校受験にも出やすいのでしっかりと勉強しておきましょう。




posted by 山和 at 13:47| Comment(0) | 受験 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1.PNG                                                                                                          2.PNG